張る?張らない?

Category >レクペロのコト, 靴のお直し

wpid-DSC_0395.JPG

本当に過ごしやすい気候に。花粉ならびに温度差アレルギー、鼻炎?に悩まされる毎日ですが、春は大好きです。

新しい靴を履きおろす絶好のシーズンではあるのですが、悩む事が一つ。。。。

裏面に先にゴムを張っておくのか、履いてから張るのか…今回の写真は新品のハーフラバー(前ゴム張りです)

ハーフラバー1㎜厚 お修理 ¥1800-〜+tax 20分〜30分。(BL)(DBR)(BEG)

その他color、厚み、面積等で価格が変わります

※新品の場合お預かりさせて頂いております。(ホコリなどつきにくくするために閉店後作業しております。)

この基準って難しいですね。今は割りと靴を購入した時に「最初に張っておいた方がいいですよー➰」とオススメされる事も多いようです。

右-張りつけた後に左のように、きわきわまでカットします✂。

後は機械で縁を整えて完了。

特にlady’sの靴は薄めで強い材料を使いますので、横から見てもあんまり目立ちません。

最初に張るか張らないかの判断ですが、これは個人差があります。

が…

革底には(特にlady’s)には張ってあげることがオススメなのかな?と思います。その理由とすると、とにかく革底は滑る…百貨店、濡れたアスファルト、等々滑る所はたくさん。特に新品の革底はドキドキしながら歩くなんて事も多々(^^;

そんな不安から解消されること、ノンストレスで歩けることが大きな利点となります。

ダメージもそのゴムが吸収してくれますので、ゴムを変えやることにより、本体を長持ちさせてやることが可能です。

革底を楽しみたい方もいらっしゃいますので勿論履いてもらった後からでもハーフラバー修理は可能です。

靴を楽しむ理由は様々ですがノンストレスで履ける事も利点、革底を楽しむのも利点です。レクペロではどちらでもお受けしております!ご相談に来て頂くだけでもOK👌

recupeloは明日も10:00-20:00open。

お昼休みに、お仕事帰りに、お散歩がてらに、お買い物がてらにお立ち寄りください。